2013年3月31日日曜日

Ragu della Domenica ナポリ風 日曜日のラグー

肉のいろいろな部位をトマトと一緒に煮込んだナポリ風ラグー。
仕込むのに半日以上かかるので作るのは決まって週末、なので日曜日のラグーとも呼ばれています。
Ragu della Domenica Napoletano, the classic Sunday gravy, is Mamma's specialita in Napoli.
It is reserved for Sundays and special holidays, start cooking every Sunday morning before going to church, barely being able to wait until those times when the house would be redolent with the aroma of the long, slow cooking sauce.

ラグーといえば真っ先に思い浮かぶのはボローニャのミートソースですが、フランス語のragout(シチュー)が語源のラグーは煮込み料理全般を指す言葉で、肉に限らず野菜や魚介のラグーもあり、それぞれの土地固有のラグーがイタリア中で作られています。

ナポレターノは香味野菜のソフリットは入れないことが多く、ただ肉をじっくり煮込むだけなのでボロネーゼよりも全然シンプル。
肉の種類はお好みで、牛すね肉など煮込んで旨くなる部位やブラチョーラ(肉巻き)、味が出るソーセージ、骨から良い出汁が出る骨付きのスペアリブなど、何種類か入れます。
ナポリでは肉は取り出してセコンドで、鍋に残った肉の旨味たっぷりのソースはパスタにかけてプリモでいただくのが定番、合理的で一石二鳥な料理です。

でも日本の家庭なら肉は夕食のご飯のおかずにまわして、パスタはランチでいただくというのもいいですよね。
ぽろぽろと煮崩れたサルシッチャや肉もソースと一緒にパスタに絡めれば、リッチでボリュームのあるランチになりますよ。

Everyone has one they call their own.
It can be made with pork shoulder, spare ribs, beef, sausages, lamb, chicken, and often made with Braciole (stuffed beef roll) or meatballs.
What they all have in common is that the meat is slowly braised in the tomato sauce until it's fork tender and the sauce is rich with the meat juices.
It requires hours on the stovetop to make the sauce thick and intense.

Most people remove the meat to a separate platter and serve just the sauce over pasta such as spaghetti, paccheri, or ziti for the primo piatto.
Here in Japan, we'd better have the pasta for a lunch, and have the meats for great dinner.

Method

オリーブオイルを厚手の鍋で温め、にんにくの香りを出したら、塩胡椒をふった肉を加えて強火で焼き目をつけていきます。
ワインを注いで鍋底の焦げつき(ここが旨みのかたまりです)を木べらでこそげとって、トマト、水を加えて蓋をして弱火にします。
煮立ったらバジリコの葉を加え、ときどきかき混ぜながら3時間ぐらい煮込んでいきます。
最後に塩胡椒を加えて味を調えたら出来上がり。
In a deep pot, heat the olive oil with the garlic.
Season the meats with salt and pepper, sear the meats in the pot until brown.
Add the wine, scrape off the stuks on bottom of the pan with a wooden spatula.
Add the tomatoes and the water, bring to a boil then reduce the heat to low, add basil leaves, simmer for about 3 hours.
season with salt and pepper, to taste.
Ragu is ready.

ランチもしくはプリモ用にパスタを茹でます。
ズィーティーを折ったものやパッケリ、スパゲッティならナポリの雰囲気。
フライパンにオリーブオイルとにんにくを温め、鍋底の煮崩れた具ごとソースを入れてぐつぐつ煮ながら塩胡椒で味を調整します。
そこへ茹でたパスタを加えてソースと和えたら出来上がり。
たっぷりのパルミジャーノと黒胡椒を散らして召し上がれ~。
For the lunch or primo piatti, heat the sauce in a pan with olive oil and garlic, add cooked pasta into the pan, toss quickly.
Portion out on the plates, sprinkle with freshly grated parmigiano and milled black pepper.

Ingredients (4 servings)

豚スペアリブ500g1.1 lb pork ribs
サルシッチャ300g10 oz salsiccia, roughly cut
鶏手羽元500g1.1 lb chicken wing sticks
にんにく2片2 cloves garlic
白ワイン1/2カップ1/2 cup dry white wine
トマト缶3缶3 14oz can whole tomatoes,
including the juice
バジリコ10枚10 basil leaves
オリーブオイル適量olive oil
塩・胡椒適量salt, pepper
スパゲッティ500g1.1 lb spaghetti
(or ziti, paccheri)
パルミジャーノ適量parmigiano cheese, grated


- Relative Posts - ナポリのパスタ 関連リンク

Paccheri allo Scarpariello
ナポリの定番 スカルパリエッロのパッケリ
Linguine con le Vongole in Bianco
ボンゴレビアンコのリングイネ
Linguine con le Vongole e Pomodoro (Vongole Rosso)
魚介の旨みいっぱいのボンゴレロッソ
Spaghetti alla Puttanesca
濃厚トマトソースでプッタネスカ(娼婦風パスタ)


2 件のコメント:

  1. あべべさん
    ナポリ風 日曜日のラグー
    おいしそう です
    素晴らしいパスタ
    そしてレシピ有難うございます

    返信削除
    返信
    1. りゅうじさん、いつもありがとうございます。
      こういう一石二鳥的な料理は大家族向きで、いいですね~。
      楽して皿数たくさん作ろうという発想も大好きです。

      削除