2017年6月24日土曜日

Pici all'Aglione 自家製ピチ 新にんにくのアリオーネソース

この季節ならではのみずみずしい新にんにくで作るアリオーネソースを南トスカーナ伝統のピチという手打ち(というよりも手延べ)パスタに絡めていただく定番の一皿。
よく日本のうどんに似ていると形容されるピチですが、手でころころと延ばして作るので手延うどんのように太さや食感が均一でないところが家庭的で素朴な魅力溢れるパスタです。

2017年6月17日土曜日

Sarde Marinate alla Menta 入梅鰯のマリネ ペパーミントの香り

梅雨入りの知らせとともにシーズンインした入梅鰯をたっぷりの粗塩で〆めて、新にんにくと柑橘系のドレッシングでマリネしてミントの葉を散らしたこの季節ならではの一品。
しっとりと脂が乗り口の中でとろける旨さは高級魚にも引けをとらないほどですが、青背の大衆魚であるが故に日々の食卓にも躊躇なく出せる普段着のような手軽さが嬉しいですね。

2017年6月10日土曜日

Pasta con Polpo e Fave 真蛸とそら豆のパスタ

塩茹でにした旬のそら豆とみずみずしい新にんにく、時期を同じくして美味しくなってくるタコを一緒にソテーして、煮崩れた空豆がそのままソースになる季節の恵みが詰まった初夏のパスタ。
甘くスパイシーな風味のフェンネルシードと仕上げに散らすバジリコの香りでもう夏を待ちきれない気持ちにさせてくれる一皿です。

2017年6月3日土曜日

Millefoglie di Filetto con Rucola e Parmigiano 牛フィレ肉のミルフィーユ仕立て ルコラとパルミジャーノ添え

レアに焼いた牛フィレ肉にルッコラと板状のパルミジャーノを添えて、塩胡椒とオリーブオイルでいただくオーソドックスな一皿。
大皿でどーんと豪快に出すのもいいけど、たまには小さいポーションでミルフィーユ仕立てなんてのも華やいだ感じになりますね。

2017年5月28日日曜日

Casarecce con Gamberi e Zucchine 海老とズッキーニのカサレッチェ

さいの目に刻んだズッキーニと香味野菜のソフリットに茹で汁を足してくたくたになるまで煮含め、叩いてぷりぷり感が増した海老を合わせた南イタリアっぽい雰囲気のラグーのパスタ。
ソースに溶け出た海老の旨みとくたくた野菜の甘みをパスタに吸わせて爽やかなレモンの香りでまとめた初夏の一皿です。

2017年5月20日土曜日

Bruschetta con i Bianchetti 釜揚げしらすのブルスケッタ

大蒜の香りを移したオリーブオイルに汁気を足してしらすをふっくらと煮含め、バゲットにこんもり乗せたしらすのブルスケッタ。
季節の変わり目らしくちょっとスパイシーなオレガノの香りをつけて、かりかりに炙ったパンにスープが少し染み込んだら食べ頃です。

2017年5月13日土曜日

Trippa all'Insalata トリッパの冷製サラダ仕立て

しっかりと下処理した牛の胃袋と赤玉ねぎをオリーブオイルとレモンの酸味のきいたドレッシングで和えたトリッパの冷製。
初夏の陽気に誘われて週末の昼下がりともなると冷えたワインを抜いてベランダに出てみたくなったりしますが、そんなシチュエーションにもよく似合うさっぱりしたサラダ仕立ての一皿です。

2017年5月6日土曜日

Linguine con le Vongole Grandi e Cavolo Fiore 平浅蜊と花ケールのパスタ リングイネ

ハマグリと見間違うほど大きな平アサリという貝にほんのり苦味のある花ケールを合わせて、とろりと乳化させた貝の旨みいっぱいのソースをもちもちのリングイネに吸わせた貝好きにはたまらない一皿。
昨日が立夏で暦の上では夏の走りとなりましたが、春が旬の二枚貝たちがいちばん美味しくなる清々しい季節のパスタです。