2013年8月10日土曜日

Bollito di Maiale 塩ゆで豚のアンティパスト ハーブとオリーブオイルの風味

豚肩ロースのかたまり肉をハーブと一緒に塩ゆでし、黒胡椒をがりっと挽いてオリーブオイルでいただくアベベーノ定番アンティパスト。
茹でることで余計な脂分が落ちて、さっぱりした味わいに仕上がります。
ワインは赤でも白でもどちらでもよく合いますよ。

使う肉は、赤身ばかりの部位だとパサついた感じになるので、適度な脂身のサシが入った肩ロースがしっとり感が残るのでお勧めです。
これを、豚肉と相性抜群のローズマリー、皮ごとのレモンと一緒に塩ゆでしていきます。

料理の仕上げや風味付けにまわしかけるオリーブオイルは、日本でいえば卓上醤油みたいなもの。
パスタはもちろんのこと、サラダや刺身、ハム、ステーキなどに少し垂らせば風味が格段にアップするおまじないか魔法のようなものです。

さて、ボッリートといえばピエモンテーゼが有名ですが、この塩ゆで豚も厚くカットしてサルサヴェルデを添えれば立派なセコンド。

またオリーブオイルではなく和からしを溶いた醤油につけて食べると和風のつまみに、ほかでは柚子胡椒やおつまみラー油を乗っけて居酒屋の一品料理風にしても旨いし、ご飯のおかずにもなります。

豚かたまり肉の夏らしい食べ方、是非ともお試しください。

Preparazione

豚肉は塩をたっぷり擦り込んでおきます。
大きめの鍋に水、ローズマリー、皮ごとのレモンを加えて沸騰させ、豚肉をたっぷりの塩ごと投入して塩茹でにしていきます。
塩分濃度は、飲めない程度のしょっぱさで。足りなければ塩を足します。

40分ほど茹でたら肉を取り出し、串を刺してみて透明な肉汁が出てくれば出来上がり。
少し休ませてから薄くスライスして皿に盛り、胡椒を挽いて、オリーブオイルをまわしかけたらテーブルへどうぞ。

Ingredienti (per 4 persone)

豚肩ロース800g
ローズマリー2枝
レモン1/2個
オリーブオイル適量
塩・胡椒適量


関連記事 - イタリアの肉料理

Bistecca alla Griglia
牛サーロインのビステッカ
Spiedini di Pollo Marinato alle Erbe
鶏もも肉のスピエディーニ
Arista di Maiale alla Fiorentina
豚肩肉のロースト アリスタ
Tagliata di Manzo al Balsamico
牛ロースのタリアータ バルサミコ風味


6 件のコメント:

  1. あべべさん
    塩ゆで豚のアンティパスト ハーブとオリーブオイルの風味
    美味しそうです
    あっさりといただけて
    うれしい料理です
    レシピ 
    有り難うございます

    返信削除
    返信
    1. りゅうじさん、いつもありがとうございます。
      そうですね、夏向きの肉料理だと思っていますが、あべべ家では通年登場する定番おつまみでもあります。

      削除
  2. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除
  3. 履歴書の書き方の見本さん、ありがとうございます。
    いつでもお越しください。

    返信削除
  4. このレシピ、やってみました。おいしかった!
    ローズマリーとレモンの香りがすばらしい。オリーブオイルをかけても油っこくならないし、冷めてもおいしい。すごいや!
    我が家でも定番になりました。

    返信削除
    返信
    1. ゆうさん、こんにちは。
      いつもありがとうございます、そしてこんな古い記事も見ていただき嬉しいです。
      この料理は簡単で、かつ和風や中華風にもアレンジがきくところがいいと思います。

      削除