2013年11月2日土曜日

Pasta con Erbe Aromatiche にんにくと香草のパスタ スパゲッティーニ

食欲をそそるにんにくとオリーブオイルの香りに、粗みじん切りにしたパセリ、バジリコ、セージのスパイシーな芳香が重なったパスタ。
つまりアーリオ オーリオ ペペロンチーノにハーブを加えただけ、ちょっと懐かしいバジリコスパゲッティに似ていて、アベベーノ好みのパスタでもあります。

ところで、アーリオ オーリオ ペペロンチーノは日本の食べ物に例えるなら卵かけご飯やおにぎり、お茶漬けといったところ。
リストランテのメニューに載っているような料理では決してないけど、家庭でさっと作る料理やまかない料理の定番です。
ソースを乳化させてちゃんと作られたものは本当に美味しいですよねぇ。

レシピのバリエーションはいくらでもあるためそれぞれの家庭の味が無数に存在し、「うちのアーリオオーリオはアンチョビを入れるわ」「うちのはオリーブがころんと入るの」みたいな家庭の味自慢が日常的に繰り広げられるというわけです。笑

さて、使うパスタは、好みにもよりますが、大抵1.5mmぐらいのやや細めのスパゲッティーニ。
ブロンズダイス(例えばディーチェコ)よりもテフロンダイス(例えばバリラ)の、表面がつるっとしたパスタがよく合います。

オリーブオイルはかなりたっぷりめ、アベベーノではここにバターも加えて懐かしのバジリコスパゲッティ風の味にします。
さらにハーブが加わるのでなんとも牧歌的で田舎風。
酪農を営む農家が自家製バターと畑の脇で摘んできたハーブで作ったパスタみたいな雰囲気です。

Ingredienti (per 4 persone)

スパゲッティーニ(1.5mm)500g
にんにく6片
たかのつめ2本
バジリコ20枚
イタリアンパセリ10枝
セージ2枝
オリーブオイル適量
バター20g
塩・胡椒適量


Preparazione

やや多めのオリーブオイルでスライスしたにんにく、唐辛子を加熱し、焦がさないように弱火でじっくり香りを出していきます。
パスタを茹で始めたら、フライパンにはバターを加えます。

パスタがまもなく茹で上がる頃になったら、みじん切りにしたハーブを加えてさっと和え、さらにパスタの茹で汁をレードル2杯分加えてフライパンを揺すりながらソースをしっかりと乳化させ、塩胡椒で味を調えます。

アルデンテのちょっと手前ぐらいまで茹でたパスタを加えてマンテカーレしながら、ちょうどパスタがアルデンテに仕上がれば出来上がり。

関連記事 - ハーブの香りのパスタ料理

Pasta alla Checca
フレッシュトマトとバジリコの冷製パスタ
Linguine al Tonno alla Carlofortina
まぐろとバジリコのリングイネ カルロフォルテ風
Pasta al Forno con Frattaglie di Pollo
鶏もつのラグー ペンネ アル フォルノ
Linguine al Basilico Giapponese
大葉のバジリコ リングイネ


4 件のコメント:

  1. あべべさん
    Pasta con Erbe Aromatiche にんにくと香草のパスタ スパゲッティーニ
    素晴らしいパスタ料理
    丁寧なレシピ
    うれしいです
    ハーブの香りがいっぱい
    有り難うございます

    返信削除
    返信
    1. りゅうじさん、
      食欲をそそるアーリオオーリオの香り、スパイシーなハーブの香り、シンプルだけどすごく美味しいのでとても好みのパスタなんです。
      いつもありがとうございます。

      削除
  2. あべべさん 久しぶりに訪れたら、ますます美味しそうな1品
    ばかり! それもこの時間にみるのは危険すぎる感じです 笑
    がんばって、レシピ作ってみますね。

    返信削除
    返信
    1. かえるさん、こんにちは。
      覚えていただいてご訪問いただけるだけで嬉しいですよぉ。
      シンガポール旅行に女子会フレンチ、相変わらず素敵な暮らしぶりですね。
      子供が大きくなるとなかなか、なので今のうちですよぉ。笑

      削除