2013年5月19日日曜日

Gamberi Crudi al Limone 赤海老のクルード

味も食感もよく似ているため、寿司店などでもボタンエビとして提供されているアルゼンチン産アカエビ。
高級食材と同等評価の味にして驚きのコストパフォーマンスの赤海老を、今日はイタリア版刺身クルードでいただきます。
Gamberi Crudi al Limone, a Sashimi of prawns dressed simply with salt, olive oil and lemon juice.
To eat raw seafoods is not traditionally in Italy at all, but have been recognized and become popular recent years.

北海道産など、現在市場に多く出回っている通称ボタンエビは、実はトヤマエビという別の種類(甘エビの仲間)のエビです。
しかし本来種のボタンエビは漁獲量が極端に少なく、めったにお目にかかれない超希少品種であるため、今では事実上こちらがボタンエビになり変わっているわけですが、いずれにしても高級品であることに変わりがありません。

ところがこのアルゼンチン産のアカエビ、超がつくほど安価で、安定的に入荷するようになったことでブレークしたニューフェイス。
生食向きの甘みのある海老で、ぷりぷりとした生の身は歯応えがあり、噛むとねっとりと濃厚な味がして刺身で旨い海老です。

保守的なイタリア料理においても、日本の寿司や刺身文化が流入し融合して、生の魚介類がマリネやカルパッチョで食されるようになりました。
素材そのものの味を活かす点で日本料理と相通じるものがある南イタリアの魚介料理、新鮮な海の幸を刺身で食べる習慣が取り入れられるようになったのは自然の流れだったかもしれません。

Method

頭と尾はつけたままで脚と殻をていねいに剥いて、氷水で〆めて水気を拭き取り、しばらく冷蔵庫で白ワインに浸して生臭みをとります。
Clean the prawns by removing the shells, leave the heads and tails on.
Put the prawns into the ice water, drain, put them in a bowl and pour the dry white wine in, keep in the fridge.

水気をしっかり拭き取ってから皿に並べ、塩をひとつまみふり、レモン汁とオリーブオイルをまわしかけます。
レモンスライスを添え、イタリアンパセリを散らしたら出来上がり。
あらかじめシチリアワインの白を冷やしておくのをお忘れなく。
Drain the prawns, line them on a plate, sprinkle with a pinch of salt and flat leaf parsley, squeeze the lemon, pour the olive oil over.

Ingredients (4 servings)

赤海老8尾8 raw prawns
オリーブオイル適量olive oil
適量salt
レモン1個1 fresh lemon, squeezed and wedged
イタリアンパセリ適量flat leaf parsley, chopped


- Relative Posts - 南イタリアの魚介料理 関連リンク

Alici Marinate
カタクチイワシのマリネ シチリア風
Involtini di Sarde al Forno
鰯のインヴォルティーニ シチリア風
Crudo di Capesante al Limone
帆立のクルード地中海風
Calamaretti al Vino Bianco
子持ちヤリイカの地中海風


2 件のコメント:

  1. あべべさん

    赤海老のクルード
    素適な料理
    新鮮なエゴの風味が味わえて
    最高ですね

    素晴らしいレシピ
    有り難うございます

    返信削除
    返信
    1. りゅうじさん、いつもありがとうございます。
      身が透明で甘くてぷりぷりでした。
      日本の魚介は新鮮で世界に誇れると思います。

      削除