2013年11月17日日曜日

Penne al Gorgonzola ゴルゴンゾーラのパスタ ペンネ

濃厚でクセのあるゴルゴンゾーラを肉厚のペンネと絡めた、ちょっと大人のパスタ料理。
バターのコクに、ゴルゴンゾーラとパルミジャーノの2種のチーズの風味を重ねて、生クリームではなく牛乳でさらりとした風味に仕上げた北イタリアの定番家庭料理です。

ゴルゴンゾーラは青カビがしっかり入った塩気の強いピッカンテと、マイルドで甘口のドルチェがありますが、今日使ったのは後者。
マイルドとはいえ調理中のキッチンにはなかなかな強烈な匂いが漂います。

パスタは透明感のある黄金色のパスタメーカーとして知られるラ モリサーナ社のペンネ リガーテを使いました。
自社製粉の良質なセモリナを原料に低温乾燥で作られたパスタは、噛みしめると小麦の風味が豊かに香り、シンプルなチーズのソースとよく合います。

Ingredienti (per 4 persone)

ペンネ リガーテ500g
ゴルゴンゾーラ200g
牛乳1/2カップ
バター40g
パルミジャーノ40g
ハム40g
塩・胡椒適量


Preparazione

ゴルゴンゾーラは小さめのかたまりにちぎり分け、パルミジャーノは削っておきます。
ハムは小さく刻んでおきます。

パスタ鍋に湯を沸かし、ペンネを茹でます。
パスタを茹でている間に、フライパンに牛乳、ハム、ゴルゴンゾーラを加えて弱火にかけます。
チーズがとろけてふつふつしてきたらバターを加えます。
チーズに塩気があるので、加減しながら塩胡椒で味を調えます。

ロングパスタと違ってショートパスタはのびにくく冷めても美味しいという特徴があることはいつも書いていますので、ペンネはアルデンテになるまでしっかり茹でます。

グルテンがたっぷり溶け出したパスタの茹で汁をレードル1杯分フライパンに加え、削ったパルミジャーノも加えて馴染ませたところへ、茹で上がったパスタを投入します。
パスタにソースをしっかり絡めたら皿に盛り、黒胡椒とパルミジャーノをおろしかければ出来上がり。

関連記事 - 北イタリアのパスタ料理

Gnocchi di Patate al Burro e Oro
ボローニャ風 トマトとバジリコのニョッキ
Tagliatelle al Ragu alla Bolognese
ボローニャ風ラグーのタリアテッレ
Tagliolini con Funghi Trifolati
きのこのトリフォラティ タリオリーニ
Pasta e Fagioli
うずら豆のパスタエファジョーリ トスカーナ風


2 件のコメント:

  1. あべべさん
    Penne al Gorgonzola ゴルゴンゾーラのパスタ ペンネ
    おいしそうです
    ゴルゴンゾーラ大好きです
    素晴らしいレシピ
    有り難うございます

    返信削除
    返信
    1. りゅうじさん、ゴルゴンゾーラのレシピ多いからお好きなんだと思ってました。
      めっきり寒くなって、こういうパスタが美味しいですよねぇ。
      いつもありがとうございます。

      削除