2014年1月25日土曜日

Sarde Marinate al Limone 真鰯のマリネ

南イタリアでワインのつまみにいただく魚介料理といえば、いわしのマリネが定番ですね。
シンプルに塩、ワインヴィネガー、レモン、オリーブオイルでマリネしただけなのに、白ワインと一緒にいただくと口の中がさっぱりとして、なんとも地中海の香り漂う一品です。

イワシはマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシなどの種類があります。
アンチョビの原料になるのは小型のカタクチイワシで、背中の色が濃い黒色をしているためセグロイワシとも呼ばれます。
今日使ったのはマイワシ、側線に沿って黒い斑点が並んでいるのが特徴のいわしで、日本では最もお馴染みの種類です。

マイワシはカタクチイワシよりふたまわりぐらい大きく、身も太っているので、1尾でもかなり食べごたえがあります。
夏っぽい料理ですが、この季節なら室内をうんと暖かくして、キリっと冷えた白ワインとともにどうぞ。

Ingredienti (per 4 persone)

マイワシ5尾
白ワインヴィネガー50cc
オリーブオイル50cc
レモン1個
にんにく1/2片
イタリアンパセリ5枝
塩・胡椒適量
ねぎ少々
にんじん少々


Preparazione

マイワシは頭を落として腹側から開き、両面に多めの塩をふってしばらく置きます。
イワシから水分が出てきますが、そのとき魚臭さも一緒に抜けるので、水でよく洗い流してから水気をふきとっておきます。
にんにくはすりおろして、レモンは櫛形に切った1片以外は搾ってレモン汁にしておき、ねぎは千切りにしてから氷水にとって白髪ねぎを作っておきます、ニンジンも同様に千切りにします。

ボウルに胡椒、レモン汁、オリーブオイル、にんにくをよく混ぜ合わせ、イワシを漬けて冷蔵庫で2時間ほどマリネします。
イワシを皿に盛ったらその上ににんじんと白髪ねぎをこんもり盛り、レモンを添え、エキストラヴァージンを少々垂らしかけてイタリアンパセリを散らせば出来上がり。

関連記事 - ワインのお共の魚介料理

Carpaccio di Piovra Scottata
北海蛸の炙り カルパッチョ仕立て
Polpo Marinato
真蛸のマリネ ナポリ風
Fritto Misto alla Veneziana
ヴェネツィア風 魚介のフリットミスト
Crudo di Capesante al Limone
帆立のクルード地中海風


3 件のコメント:

  1. あべべさん
    真鰯のマリネ
    素敵なマリネ料理
    美味しそうです
    丁寧なレシピ見事です
    指すか゛うれしいです
    有難うございます

    返信削除
    返信
    1. 盛り付けは、とあるリストランテのものを真似てみたのですが、この写真をイタリア人の友人もたいそう気にいってくれています。
      いつもありがとうございます。

      削除
  2. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除