2014年3月15日土曜日

Asparagi Gratinati グリーンアスパラのグラティナータ 温泉卵添え

旬を迎えたグリーンアスパラに、溶かしバターとパルミジャーノのソースを纏わせてオーブンで焼いたグラティナータ。
季節感や素材そのものの味を大切にするイタリア料理ならではの、シンプルで春らしいアンティパストです。

アスパラは地中海原産の野菜で、イタリアでもポピュラーな食材です。
日本のようにいろいろな野菜が一年中店頭に並ぶということが少ないイタリアでは、アスパラが頻繁に家庭の食卓にのぼるのは3月から4月にかけての短い時期だけです。
ホワイトアスパラはグリーンアスパラより少し遅れて旬がやってきます。
ヴェネト州バッサーノ デル グラッパ産は有名ですよねぇ。

さて、アスパラのグラティナータの作り方はとてもシンプル、さっと下茹でしたアスパラに塩胡椒をふり、溶かしバターのソースとパルミジャーノを纏わせてオーブンで焼くだけです。
そして、アスパラの脇によく添えられている相性抜群の黄金の組み合わせといえば卵、今日はその卵を温泉卵にして添えてみました。
黄身を崩してアスパラに絡めながら食べてみてください、組み合わせの妙に思わず納得の美味しさです。

Ingredienti (per 4 persone)

グリーンアスパラ20本
バター40g
パルミジャーノ1/4カップ
2個
レモン1/4個
塩・胡椒適量


Preparazione

アスパラは根元の固い部分を切り落とし、下から1/3ほど皮を剥いて、熱湯で1分ほど下茹でします。
パルミジャーノは削っておき、卵は低温でじっくり茹でて温泉卵にします。

耐熱皿に茹でたアスパラを並べ、温かいうちに塩胡椒をふっておきます。
ソースパンにバターを入れて弱火にかけ、溶かしバターを作ります。

アスパラに溶かしバターをまんべんなく絡めて、パルミジャーノを散らしたらオーブントースターで5~6分ほど焼いていきます。
オーブンを使う場合は180℃で15分程度、パルミジャーノが溶けて、軽く焦げ目がつくぐらいが目安です。
焼きあがったらオーブンから取り出し、温泉卵を添えてレモンを搾りかければ出来上がり。

関連記事 - 野菜が主役のイタリア料理

Sott'Olio Misto alla Ortorana
野菜のソットオーリオ
Cipolline in Agrodolce
ペコロスの甘酢煮
Frittata di Spinach
フィレンツェ風 ほうれん草のフリッタータ
Insalata Caprese
完熟トマトとモッツァレッラのカプレーゼ


3 件のコメント:

  1. あぺぺさん
    グリーンアスパラのグラティナータ 温泉卵添え
    素晴らしい料理
    美味しそうです
    素敵なレシピ有難うございます

    返信削除
    返信
    1. ようやく春らしくなってきました。
      季節を味わうには料理もシンプルなのがいちばんですね。
      いつもありがとうございます。

      削除
  2. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除